直腸がんストーマ閉鎖後の記録「極小2個排便だけ」でも不満なし?

直腸がんストーマ閉鎖後の記録「極小2個排便でも不満なし?」

直腸癌の肛門温存手術・一時ストーマ閉鎖後の後遺症である排泄障害の記録を毎日更新中。

昨日はトイレ排便回数2回漏らしナシ、極小2個しか出なかった。

しかし、特に便秘で苦しいとか切羽詰まった苦しさ、不安など感じること無く現在に至っています。

お話にならないぐらいの排便量ですが、ふんずまっている感も無いのでまぁ、良しとしましょう。

肛門内やイボ痔による痛みは緩和してきているようです。

漏らした方が快適なワケなど、詳細は本編でお話します。


全国の直腸癌一時ストーマ閉鎖手術後の「排泄障害」に悩まされている皆さま、大変お疲れ様です!

こんにちは管理人きのじーです。直腸癌手術後5年経過した現在でも、一時ストーマ閉鎖後から後遺症である「排泄障害」に日々悩まされています。当ブログでは、トイレ回数や気になる症状、食生活、生活様式など毎日更新していきます。

昨日の記事、直腸がんストーマ閉鎖後の記録「漏らしても久々に快調」
に続き、今日の排泄障害記録は「「極小2個排便だけ」でも不満なし?」について話します。

前回の記事はこちら

直腸がんストーマ閉鎖後の記録「漏らしても久々に快調」
直腸がんストーマ閉鎖後の記録「漏らしても久々に快調」
直腸癌の肛門温存手術・一時ストーマ閉鎖後の後遺症である排泄障害の記録を毎日更新中。 昨日はトイレ排便回数2回漏らし1回、本当に久しぶりに快調・快適な体調でした。
2021-02-27 11:07

毎日報告:トイレ事情と食事編

▶昨日は排便トイレ通い2回(極小2個)、漏らしなし。
▶食事は、まる天ワカメお麩うどん、キムチ鍋。

昨日の食事詳細はこちら

ストーマ閉鎖後の食事「まる天ワカメお麩うどん、キムチ鍋」
ストーマ閉鎖後の食事「まる天ワカメお麩うどん、キムチ鍋」
直腸癌の肛門温存手術・一時ストーマ閉鎖後の後遺症「排泄障害」に日々悩む私の食事を毎日更新中。 昨日の昼はまる天ワカメお麩うどん、夕食は手羽元塩焼きとキムチ鍋。
2021-02-27 12:42

この記事の信憑性

この記事の信憑性(管理人紹介)

今回の記事内容

  • 昨日はトイレ2回(極小2個排便)だけ
  • 極小2個排便だけでも不満がない理由
  • 排泄(排便)障害における優先事項

このブログが排泄(排便)障害の悩みを共有し、少しでもお役立てできれば幸いです。

スポンサードリンク

昨日はトイレ2回(極小2個排便)だけ

昨日はトイレ2回(極小2個排便)だけ
昨日はトイレ2回(極小2個排便)だけ

昨日2月27日は排便2回漏らしなし。
極小2個排便のみでお話にならない排便だが、特に不快・不安など問題はない。

時間帯 (6~12時) (12~18時) (18~24時) 深夜~早朝(24~06時)
回数 2 2
概要
漏らし回数 0
漏らしてない連続日数 1日目

トイレ通い詳細メモ

前回最終トイレより38時間ぶり。

立派な便秘スパンである。しかし、このところ酷使し過ぎた肛門を休ませるには都合がよかった。

0:30(親指の先っちょ1個)
少しチクチクするので踏ん張ってみたところこれ以上出なさそう。
しかし、然程緊急性は感じない。便意も無い。

3:05(小1個)
↑同じく。
オナラがプスプスでる。
別段苦しいわけでも無いので問題なし。

排便計2回:漏らし0回/漏らしてない連続日数1

滅多にない絶好調でスッキリ夢のような快適さが昨日から2日間味わえた。
管理人きのじー②

それだけでも幸せなのか。

極小2個排便だけでも不満がない理由

極小2個排便だけでも不満がない理由
極小2個排便だけでも不満がない理由

通常であれば、ヤギのウンコのような極小2個排便だけでは当然便秘回復に至らず、大きなストレスが生じます。

我々排泄(排便)障害の悩みとは、如何に不快感のストレスから解放されるかが最大のテーマ。
管理人きのじー

楽で気持ちよくて、スッキリ爽快でナンボの世界なんです。

極小2個排便だけでも、体調(腸)になんの支障も無ければ結果オーライです。

具体的には

・チクチクする痛みもない
・便秘で苦しいのに踏ん張っても出ない
・常に残便感があり気持ち悪い、不快感が蔓延する
・特に生活に支障をきたしていない

等の状況であれば、なんら問題はないです。

おならもプスプス出ていて気持ち悪くもない。
イレウス(腸閉塞)の心配もない。
管理人きのじー②
スポンサードリンク

排泄(排便)障害における優先事項

排泄(排便)障害における優先事項
排泄(排便)障害における優先事項

「生活するのに仕事(お金)は最優先事項」という概念はひとまず置いといて。

排泄(排便)障害における優先事項はしかるべきウンコをしかるべき排便すること。

めんどくせー表現ですが、簡単に言うと無事にウンコをひり出すのが第一ということ。

管理人きのじー
下痢で漏らそうが、切れ痔・イボ痔になろうがウンコが出なきゃ話になりません。

「ウンコがまともに出ない」ことは排泄(排便)障害にとって脅威です。

イレウスの恐怖は大問題ですし、腸内に何らかの不具合が生じているのも超不安要素です。

結局、事故級の漏らしを体験しようが出るだけマシといえる。

そんな議論を展開し始めると排泄(排便)障害のなんと理不尽なことか。

↓もうこんな理不尽な生活からは1日でも早く解放されたいものです。

直腸がんストーマ閉鎖後の排泄障害記録|漏らす危険の綱渡り
直腸がんストーマ閉鎖後の排泄障害記録|漏らす危険の綱渡り
直腸癌の肛門温存手術・一時ストーマ閉鎖後の後遺症である排泄障害の記録を毎日更新中。 昨日1月31日は排便障害によるトイレ通いは5回、漏らしナシ。 漏らしはか
2021-02-01 11:20

本日は以上になります。

<My直腸がんライフ|排泄障害は辛いよ(動画更新中)>

My直腸がんライフ|排泄障害は辛いよ(動画更新中)

スポンサードリンク

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す