直腸がんストーマ閉鎖後の後遺症記録|極小漏らしの意味は?

直腸がんストーマ閉鎖後の後遺症記録|極小漏らしの意味は?

直腸癌の肛門温存手術・一時ストーマ閉鎖後の後遺症である排泄障害の記録を毎日更新中。

昨日1月29日は排便障害によるトイレ通いは8回、うち漏らし1回。

トイレ通い8回目の最後の最後にチビッとだけ、ほんの小指の先っちょほど漏らしました。

この「最後の1回」だけ「ほんの少し漏らす」ことに大きな意味があります。

排泄(排便)障害の大きな改善の兆候が見られるからです。

その詳細は本編から。


全国の直腸癌一時ストーマ閉鎖手術後の「排泄障害」に悩まされている皆さま、大変お疲れ様です!

こんにちは管理人きのじーです。直腸癌手術後5年経過した現在でも、一時ストーマ閉鎖後から後遺症である「排泄障害」に日々悩まされています。当ブログでは、トイレ回数や気になる症状、食生活、生活様式など毎日更新していきます。

昨日の記事、直腸がんストーマ閉鎖後の後遺症記録|ちまちま排便
に続き、今日の排泄障害記録は「極小漏らしの意味は?」について改善がみられるといった話します。

前回の記事はこちら

直腸がんストーマ閉鎖後の後遺症記録|ちまちま排便
直腸がんストーマ閉鎖後の後遺症記録|ちまちま排便
直腸癌の肛門温存手術・一時ストーマ閉鎖後の後遺症である排泄障害の記録を毎日更新中。 昨日1月28日は排便障害によるトイレ通いは4回、うち漏らしナシ。 15時
2021-01-29 11:16

毎日報告:トイレ事情と食事編

▶昨日は排泄障害によるトイレ通い8回、うち漏らし1回。
▶食事は、マルタイ棒ラーメン、湯豆腐とサバ缶。

昨日の食事詳細はこちら

ストーマ閉鎖後の食事「マルタイ棒ラーメン、湯豆腐とサバ缶」
ストーマ閉鎖後の食事「マルタイ棒ラーメン、湯豆腐とサバ缶」
直腸癌の肛門温存手術・一時ストーマ閉鎖後の後遺症「排泄障害」に日々悩む私の食事を毎日更新中。 昨日の昼食はマルタイ棒ラーメン、夕食は湯豆腐とサバ缶。 昨日2
2021-01-29 15:56

この記事の信憑性

この記事の信憑性(管理人紹介)

今回の記事内容

  • 昨日の排便障害報告「トイレ通い8回漏らし1回」僅かな漏らしの意味
  • 漏らし量が徐々に少なくなる理由
  • 排便(漏らし)途中でブレーキか

 

このブログが悩み解決を共有し、お役立てできるよう取り組んでまいります。

愚痴る機会も多いかもしれません。

何卒よろしくお願い申し上げます。

スポンサードリンク

昨日の排便障害報告「トイレ通い8回漏らし1回」僅かな漏らしの意味

昨日の排便障害報告「トイレ通い8回漏らし1回」僅かな漏らしの意味
昨日の排便障害報告「トイレ通い8回漏らし1回」僅かな漏らしの意味

昨日1月29日は排便トイレ通い8回で漏らし1回。
ほんのわずかでも漏らしたことに変わりがないが、その1回で完結できたことは大黄な進歩(かな?)

時間帯 (6~12時) (12~18時) (18~24時) 深夜~早朝(24~06時)
回数 3 5 8
概要
漏らし回数 1  

 

1
漏らしてない連続日数 0日目

トイレ通い詳細メモ

前回最終トイレより14時間ぶり。

良いスパンです。

13:35(3〜4本)
まだドカーン!とは出ないね。

13:55(4本)
内圧便から肛門が痛い。しかし軟便。
イボ痔再発か。
緩くなって漏らしそうな気配もある。
この後外出なのに嫌だな〜😫

14:10(コッテリ)
2日ぶりにようやく本来の量が出た!
だが、下痢で漏らす危険信号が出てる😨
外出大丈夫か⁉️

↑↓この間、何とか外出して運転して用事は完了。
ヒヤヒヤするぜまったく💦

21:05(少しニョロニョロ)
前回トイレから7時間ぶり。
若干軟便。
漏らすリスクあり😩

21:15(コッテリ)
便座から立ち上がりトイレから出ようとした瞬間次の便意で慌てて逆戻り。
しこたま出た。

こんなんしょっちゅうです。
・トイレでて手を洗った直後
・〜〜

22:00(ほぼ下痢か)
↑なんてメモってる場合じゃなく、危うく漏らす寸前だった😩
普段なら諦めてるシーンだが無理して頑張ってみただけ。

外出してたら玉砕してたわ。

22:15(漏らす寸前)
やはり便座から立ちパンツ履いた瞬間来た‼️
正に間一髪。

いずれにしても、こんな綱渡り状態じゃどうしようもねぇなぁ。。😫

23:00(漏らす❗️)
ほらね、はいはい。漏らしましたよ。
それも小指の先っちょほど。
残念‼️

トイレ計8回:漏らし1回/漏らしてない連続日数0日にリセット

便秘明け3日目にしてようやく落ち着いた感じ。
管理人きのじー②

しかし、8回目最後のトイレがほんの少量の漏らしで完結したことは大きい進歩。

⑴前回の漏らし量よりさらに少ない。
⑵前回同様、少量漏らしを最後にトイレ通いが完結した。

漏らし量が徐々に少なくなる理由

漏らし量が徐々に少なくなる理由
漏らし量が徐々に少なくなる理由

ここ数週間、漏らし量が徐々に少なくなっている傾向にあります。

以前だと、トイレ通い後半戦3~5回は連続で漏らしていた。
管理人きのじー

 

量も少なくても親指2本分ぐらいとか。

それがここ最近では、親指の先っぽ~小指の先っちょ。へと変化。

それも、たとえ漏らし量が少なかろうが数回立て続けに漏らすパターンがほとんど。

とにかく、下痢で出し切らないと終わらない!みたいな。

そういうパターンでしたが、近頃は軟便の緩いぐらいの極小量便一発でトイレ通いがThe End。

これは嬉しい変化です!
管理人きのじー②

何がどう変わったのか?

スポンサードリンク

排便(漏らし)途中でブレーキか

排便(漏らし)途中でブレーキか
排便(漏らし)途中でブレーキか

少量漏らし一発でトイレ通いが完結している理由は、ストッパーが効くようになったからかも知れません。

失ったウンチ貯め袋が少し再生してきている。

そのため、こらえる我慢に匹敵する反応がようやく出てきた。

管理人きのじー
実際、最近肛門をこれでもかと力一杯締め付け、我慢していることが多い。

以前は我慢しきれず諦めていた。

報われない苦労・労働はやめようと諦めていたのです(;´・ω・)。

硬すぎず、下痢っぽくにもならない、普通便。もしくはやや軟便。

メリットは、排便しやすくスムーズ。トイレ時間も短縮した。

でも結局は、少量であっても漏らすワケですが。

その漏らしの後に、トイレ通いが続かず追われるのは新しい変化。

↓とにかく果てしなく続く排泄(排便)障害や漏らしは、気力も体力も著しく奪いますからね。

直腸がんストーマ閉鎖後の排泄障害は疲労困憊の毎日
直腸がんストーマ閉鎖後の排泄障害は疲労困憊の毎日
直腸癌の肛門温存手術・一時ストーマ閉鎖後の後遺症である排泄障害の記録を毎日更新中。 直腸がんストーマ閉鎖後の排泄障害は疲労困憊の毎日です。 1年365日毎日
2020-11-06 18:08

本日は以上になります。

<My直腸がんライフ|排泄障害は辛いよ(動画更新中)>

My直腸がんライフ|排泄障害は辛いよ(動画更新中)

スポンサードリンク

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す