直腸がん排泄障害記録「漏らしたようで漏らしてないのはナゼ?」

直腸がん排泄障害記録「漏らしたようで漏らしてないのはナゼ?」
昨日はトイレ4回で漏らし無し。でも実は「漏らしたかな!?」と思ってたんです。

4回目最後のトイレから出た時、まだ肛門がムズムズと便が引っ掛かっているような残便感がありました。

でも深夜で眠たいし、下痢腹でもないので「もういいや~」と寝てしまった。

しかし、結局ムズムズ残便感が気になり、ほとんど寝れなかった^^;

朝方寝落ちから目が覚め、「しまった!? 😯 」こりゃ、硬便コロッと漏らした感がある、と慌てたのです。

しかし、何事もなくオムツパッドも全然汚してません。

ナゼ、漏らしたようで漏らしてなかったのか。
本編でその理由を詳しく説明します。


全国の直腸癌一時ストーマ閉鎖手術後の「排泄障害」に悩まされている皆さま、大変お疲れ様です!

こんにちは管理人きのじーです。直腸癌手術後5年経過した現在でも、一時ストーマ閉鎖後から後遺症である「排泄障害」に日々悩まされています。当ブログでは、トイレ回数や気になる症状、食生活、生活様式など毎日更新していきます。

昨日の記事、直腸がん排泄障害記録「便通七変化」いったいナゼこんなことが⁈
に続き、今日は「漏らしたようで漏らしてない?」それはナゼだったのかについて回答します。

前回の記事はこちら

直腸がん排泄障害記録「便通七変化」こんなことが⁈
直腸がん排泄障害記録「便通七変化」こんなことが⁈
昨日はトイレ8回で漏らしは無かったものの、普段経験したことのない「便通七変化」がありました! それはトイレ通い最終の8回目に起こったのです。 軟便から下
2020-10-27 11:56

毎日報告:トイレ事情と食事編

▶昨日は排泄障害によるトイレ通い4回、漏らし無し。
▶食事は、白菜うどんやシュウマイ、納豆豆腐など。

昨日の食事詳細はこちら👇

直腸がん排泄障害の食事「白菜と豚肉炒め」タコぶつなど
直腸がん排泄障害の食事「白菜と豚肉炒め」タコぶつなど
昨日の夕食は、白菜と豚肉炒め、タコぶつ(刺身)など。 白菜は1/2全部を使いました。 ゴマ油で豚肉と一緒に炒め、鷹の爪を投入し白出汁で調整すれば完成です。
2020-10-27 16:52

この記事の信憑性

この記事の信憑性(管理人紹介)

今回の記事内容

  • 昨日は「トイレ通い4回漏らし無し」漏らす不安の問題
  • 直腸がん排泄障害記録「漏らしたようで漏らしてなかった」
  • 「漏らしたようで漏らしていない錯覚」2つの要因

 

まず、最初に「昨日のトイレ通い詳細情報」の報告・説明をします。

続いて本題である「漏らしたようで漏らしてない?」それはナゼだったのかについて詳細を報告します。

それでは、最後までじっくりとおつきあいください。

スポンサードリンク

昨日は「トイレ通い4回漏らし無し」漏らす不安の問題

昨日は「トイレ通い4回漏らし無し」漏らす不安の問題
昨日は「トイレ通い4回漏らし無し」漏らす不安の問題

昨日はトイレ通い4回で漏らし無しでした。
漏らす不安は無いものの、肛門に引っかかっている不快感が残便感となり継続するのがストレス。

時間帯 (6~12時) (12~18時) (18~24時) 深夜~早朝(24~06時)
回数 2 2 4
概要
漏らし回数 0

前回最終トイレより14時間ほど経過。

15:00程良い硬さでコッテリ投下
しかし残便感まだあるある。

15:25(若干軟便で少なめ投下)
下痢で漏れそう!と慌てふためいてトイレ駆け込むも、軟便ぐらいなんだよね😨
ここ数日こんな感じ。

21:45(普通のがポロンポロンと)
夕食後はどうしてもトイレ通いになっちゃうね😫
まぁ、日中の貴重な時間奪われるよりマシかな?

23:50ヤギさんコロコロ💩×2、ポークビッツ3本
表現失礼しますた🙇‍!
便意こそさほど無いけど、肛門が不快なので踏ん張った結果です。

計4回:漏らし無し

トイレ最後の④が終わった後が、実は漏らす不安があったのです。

便意から漏らす、というより、

肛門に引っかかった便がコロリと漏れてきそうな不安。
管理人きのじー②

そのせいでずっと寝れなくて、朝方不用意に寝落ちしてしまった(;´・ω・)

直腸がん排泄障害記録「漏らしたようで漏らしてなかった」

直腸がん排泄障害記録「漏らしたようで漏らしてなかった」
直腸がん排泄障害記録「漏らしたようで漏らしてなかった」

その2時間後ぐらい目が覚めて、「しまった、やっちまったか!?」とあわてましたが。

結果、「漏らしたようで漏らしてはいなかった」のです。

お尻の感覚からいえば。
管理人きのじー

過去に、漏らしたパターンを彷彿とさせるそのものだったから超心配したのです。

一晩中、便意を催す不快感と戦っているような状態でしたからね。
漏らしても当然ぐらいの流れでした。

今まであれば、ね。

しかし、何故漏らさずに済んだのでしょうか。
ここ最近の傾向でこの「漏らしそうで漏らさない」パターンが増えてきています。

まぁ、良いことだし嬉しいし、大歓迎な変化ではありますけど^^

「漏らしたようで漏らしていない錯覚」2つの要因

「漏らしたようで漏らしていない錯覚」2つの要因
「漏らしたようで漏らしていない錯覚」2つの要因

まるで錯覚を見ているような「漏らしたようで漏らしていない」現象には2つの要因あります。

今までであれば、便座に座ったとたんポロンと自然投下してしまう便。
これは、既に肛門からウンチの一部がはみ出してしまっている為です。

これが、はみ出しておらずギリですが肛門内にかろうじて収まっている。

これが1つ目の要因。

2つ目は毎度おなじみの、直腸内の一時避難所である『ウンチ貯め袋』の存在。

手術により失った直腸のほとんどには「ウンチ貯め袋」も当然含まれます。

健康な人々の誰もが標準で装備する、一時避難所(ウンチ貯め袋)。

これが無いワケです。

これにより、直腸がん・一時ストーマ閉鎖後の排泄障害が頻繁に起こります。

最近では、この大切な一時避難所の再形成が進んでいる感じ。
管理人きのじー②

このため、ストレートに便が落ちず、一旦止まるようになった。

なので、以前ほど肛門外にはみ出してこない。

という、2つの要因が考えられます。

つまりは錯覚と言うより、現実的にそうなっているんですね。

あくまで個人的意見、仮説ではあります。

でも、あながち間違ってもいない気もします。

いかかでしょうか?

まぁ、今回も悪い方向に考え悩むよりポジティブに考えましょう^^

スポンサードリンク

まとめ:「漏らした錯覚」に感謝💛

まとめ:便意無くともトイレチャレンジしてみよう!
まとめ:便意無くともトイレチャレンジしてみよう!

本日の直腸がん排泄障害記録は「漏らしたようで漏らしてないのはナゼ?」について話してきました。

結論としては、今回も前回と同様に一時預かり所(ウンチ貯め袋)が出来てきて助かってます♪ということでした。

でも、逆に「漏らした記憶や感触も無いのに漏らしてた!?」では困りますよね。

たまにはあるでしょうけど。
管理人きのじー

 

最近では、夢で盛大に漏らしていても現実では漏らしていません、まず。

結構なパンチのあるオナラ放(ひ)っても漏らしてません。

しかし、前後不覚になるほど飲酒し酩酊状態なら。。?

 

わかりません^^;

 

今回は以上になります。

<本日の私のおまけ動画>

きのじーの直腸がんライフ⑦排泄障害の3年間の軌跡と推移(12:00)

スポンサードリンク

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す