検査結果 肛門括約筋の機能低下

さて今日は肛門括約筋とつながり具合の検査。

2月2日入院~手術のためには外せない検査だ。

しかし、この日福岡は大雪のため最悪の通院最悪の1日となった。
なんと、久留米大学病院到着まで7時間もかかった!?
| ̄ω ̄、。。。

hidegan_b001

何しろ高速は都市高速含め前線通行止め。
国道3号線以外に道の選択肢はないのだ。

延々渋滞していて、約束の時間なんかにとても到着できない。
2回も電話してしまった。
(診察はしてくれた)

hidegan_b002

4WDの車で良かった。。
マナーの悪い福岡の運転事情も今日はさすがに皆さん慎重だ。

hidegan_b003

11時過ぎ受付の予定が結局15時40分頃に到着。
で、検査結果もあまりおもわしくない。

肛門括約筋は手術前より機能が低下していた。

自分ではあまり自覚・認識がないのだが、同じ検査をして数値がけっこう低いという結果。
そして、このあとの透視検査で造影剤をいれて肛門の現在の機能を思い知ることになった。

手術前の同検査では意識せずとも造影剤が漏れることは無かった。
しかし、今回はダダ漏れなのだ!
検査終了後もどんどん漏れてくるのを意識しても止められない。

やべぇ~~w|;゚ロ゚|w

この状態じゃ
下痢だと漏れるかも、との先生の話(ストーマ閉鎖手術後)。

まぁ、下腹をザックリ開腹手術してるからねぇ。。
まだ、力もはいらんし、ストーマも負担になってるから。
落ちてるのはしゃーないか!

これはトレーニング強化して鍛え直さんと!
肛門括約筋。

そして、もう一つつなぎ合わせたところから5cmぐらい細い穴が開いている。
これに関しては主治医に確認してみるがお腹が痛いとか何か不具合が感じられなければ大丈夫だと思う、との話。

俺は、管を刺していた跡だと思うのだが・・・
今回の先生は俺の手術のプロジェクトの一員ではない、検査担当の方だし。

そして帰路へ。
のぼりはメチャ渋滞していたから心配。

hidegan_b004

車は全く動かない。
真っ暗になり、どんどん雪が降りしきる中微動だにしない。。

で、結局泊まることにw( ̄△ ̄;)w

ホテルを手配してもらい(近所でここだけしか取れなかったと。しかもキャンセルで空きが出て)諦めて移動。

わずか2Kmの距離に3時間半かかる。21:20やっとホテルへたどり着く。
やけくそでご当地佐賀牛ステーキをオーダー。

ちょっと脂身が多くてイマイチだった(;д;)ふんだりけったりだ。

hidegan_b005

朝はチェックアウトまでゆっくりして出かける。
どうせまだ渋滞しているに決まってる。

ワンコイン500円で朝食バイキング。
いいですね~^^

hidegan_b006

レストランから外はこんな景色。

hidegan_b007

さて出発!早速渋滞・・・
やはりな。

山々が真っ白だね。
ちと画像じゃわかりにくいけど。

hidegan_b008

なんとか14:40分ごろ自宅到着。
50Km移動に4時間40分かかった。。

博多湾に虹が。
迎えてくれてありがとう♪
ベランダからの景色。

hidegan_b009

てな、2日間にわたり散々な日でした。
肛門括約筋鍛えなきゃ!
手術後もばんばんトレーニングしてもいいらしいからね。
あと1週間で入院だなぁ。

 

←前の記事    次の記事⇒

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す