ガン治療の陰謀論説について



今、巷では様々なガン治療における陰謀論説が出回っていますね。
YouTube、SNS、書籍~ets。

そんな人たちの職業はジャーナリストであったり、医者であったり。
自称「活動家」であったり。
皆さん、NET社会の環境を活かしながら日々講演やワークショップ等で
持論を展開し広めているようです。

ガン患者は必死なんだから無責任発言は大問題

だいたいはガン三大療法である。

放射線

抗がん剤

手術

を真っ向から完全否定する。
日本国内、世界の医療環境・厚生施設を国ごと真っ向から完全否定する。
だまされてはいけないぞ!と。
薬剤もそうですね。こんなもの使用しては絶対ダメ!すぐやめろ、と。

中には医者を”人間として含め”完全否定する。
医者は誰一人まともに患者を直してやろうなんて思っていないんだ。

なんて、自分が医者でありながら言い切ってしまう人もいます!?

ガン治療陰謀論者たちの話は正しいのか?

いったい、彼らの言っていることは正しいのか。国家もろとも大きな陰謀の中に渦巻いている真実なのか。
陰謀論説を唱えている彼らこそが「陰謀論者」ということはないのか。

inboron_002

実際にガン患者であり、治療をしている私の気持ちはこうです。
大概のがん患者はそうだと思いますが、この病気を宣告されてからはありとあらゆることを考えると思います。

そして、いろんな事例を調べ、読み、研究する。
同じようなガン患者の手記を、ブログを読み漁る。

ガン治療の落とし穴?「陰謀論説」

そうしている中、必ずガン治療の落とし穴?「陰謀論」に当たるのです。

ガン患者のステージにもいろいろあります。
広範囲に転移していて治療の施しようがないステージⅣの方などは特に「神論」に聞こえるかもしれません。

また、
手術を拒否する、
抗がん剤を拒否する、
放射線治療を拒否する、

患者もいるでしょう。
その陰謀論を知ったがためにです。

しかし、その患者はその後どうなったのでしょうか?

また、三大療法をしてガンが良くなった、完治した患者はいないのでしょうか??
前者においては、とても悲惨な苦しみに耐えがたい思いをして亡くなったガン患者の方も大勢いるのが現状です。

早く手術をしていれば、これほど筆舌に尽くしがたいほど苦しんで死ぬことは無かったのではないか。
そんな悲しい事例も実はたくさんあるのです。

私はそうはなりたくない。

あなたもそうでしょう?

ガン治療は最終的には自分が選ぶのです。
後悔の無いように、ここではそんな「陰謀論説」を肯定も否定もせず紹介していきます。

見て、感じてください。
そして治療法を決めてください。
自分でです。

inboron_003

国内シェア70%!世界最多360項目を解析できる遺伝子検査キット【ジーンライフ】


遺伝子検査のジーンライフ公式サイトはこちら
遺伝子検査のジーンライフ<Genesis2.0>

 

将来かかりやすい病気を、未然に予防するための検査です。
大腸がんや乳がん、心筋梗塞などの疾患リスクと、高血圧や肥満タイプなどの体質を手軽に分析できる検査です。
遺伝的なリスクを知り、生活習慣を見直すことで、早い段階から的確な予防を行うことができます。

※遺伝子検査は一生のうちに1度受ければ、再検査の必要はありません。

遺伝子検査に関する詳細なサイトはこちら↓

自宅で簡単!遺伝子検査をしてみよう♪
一生涯の健康のために「今からできる遺伝子検査」とは?
遺伝子検査com


最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す