セカンドオピニオン申込み

スポンサードリンク

久留米大学病院のセカンドオピニオンに申込み。

先日、和白病院の主治医から紹介を受け早速自分でも調べてみた。
肛門温存手術のスペシャリストDr.がいらっしゃるのだが残念ながら昨年で定年退職されていた。

今回はガン相談支援センターへまず電話。
申込書をメール送信して電話でのやり取りとなりました。

EPSON MFP image

上記のように希望と質問事項を書いたが電話でも確認。

・後釜となってる主任教授A先生は退職されたK.S先生のポリシーを伝承しているものなのか。
(一番大事なところですよね)

返答としてはYESではありました。
逆に希望を聞かれるが、ちょっと悩ましいものだった。

セカンドオピニオンとしてまずじっくりと治療について話し合うか。

病院を変わるつもりで外来から治療を受け直すか。

自分としては和白病院では心よく紹介頂いた、という段階であって、まだ病院を切り替えるまでは考えていなかった。

なので、和白病院では肛門温存手術は難しいので新しい手術法で肛門温存手術を行う当病院を紹介された経緯を話した。

結論としては、今回の私のデータを元に主任A教授がどちらか判断し連絡を頂く段取りとなる。
本日、データ&紹介状がデキる予定なので即送付しても回答までに数日~一週間ぐらいかかるだろう。

自分としては永久ストーマは望んでいないので今回話し合いがうまく希望に沿わない場合はサードオピニオンとしてK.S先生に飛び込む手もあるかな。

現在は久留米総合病院で外科主任部長をされています。
久留米総合病院でも名誉教授の肩書になってましたね。

受診時間および料金

知らなかったのですが、保険適用外なのでけっこうかかりますね。

相談時間は最大で60分
料金:21,600円。

う~ん、なので外来からというのも頷ける?かな。
なにかご意見・情報があれば是非お聞かせください。

メールはこちらから

【昨夜のスーパームーン】
疼いて2時に目が覚め撮ったのは3時頃
下に見えるのは能古島。
がっきり見えます。

hidegan1509_004

←前の記事    次の記事⇒

スポンサードリンク

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す