*

直腸ガン手術に向けて。。

公開日: : 最終更新日:2018/02/16 直腸ガン日記

前回の便秘騒動からまた久々の投稿です。
明日9月26日がいよいよ主治医からの今後の治療説明となるので現在の状況をまとめておきます。

昨年5月14日に退院してから1年4ヶ月が経過したわけですね。
退院後は放射線の副作用から皮膚がただれたり肛門がイボ痔化して座るのが困難だったりしてました。

それも8月には治まりすっかり以前の調子を取り戻し快適な日々を過ごしていたわけです。

しかし・・

ちょっとした便の異変

hidegan_1509a

昨年の12月頃です。

おならをした拍子に中身まででちゃう?!

あるコンサートに行った時でした。
開演前、コンビニで飲み物を買い飲んでくつろいでたその時にしたオナラです。

その時は気が付きませんでした。
それから2時間もの間、座ってた会場のシートと帰りの車のシートは悲惨なことに・・・(/_<)

なんと帰宅してから気が付いたんです。
会館の管理の方にはご迷惑おかけしました。。
はいてたジーンズは捨てました。

車のシートも徹底的にニオイ消臭&洗浄しましたが、現在は違う車に乗ってますのでご安心ください(笑)
それからというもの、オナラをするときは細心の注意をするのですが、間に合わない時も多々有ります。

それは我慢ができないぐらい急激にくるので阻止できないのですね。
間に合わない、と言ったら良いのか。
多い時は日に3枚~4枚とパンツを変えることもありました。

今ではコレクションのように大量のパンツを収集しています。
いつなんどき変えパンツが無くなるかわかりません。
そんな状況でありながらもウンチは暫らくごく正常に出ていました。

しかし今年に入り何ヶ月かすると、3,4月頃からでしょうか。
また下痢カスのような便しか出なくなってきました。

昨年の入院前の状態です。
さらに肛門内の出来物からくる圧迫感・不快感も徐々に強くなってきました。

入院前のような位置とは少し違う感じです。
そしてこないだの便秘騒動。

不思議な事に病院で処方された便秘薬でウンチがドバドバ出た後と、今回の内視鏡検査で腸の中を空っぽにした後はまた快便なんです。

ただ、

今回、手術に踏み切ろうと決断したのには理由があります。

・とにかく体調が悪い

・食欲が全然ない
(まだ食べられるので良いのですが)

・減食しているせいもあるんですが
体重が1ヶ月で5Kg以上減りました。
(78Kg⇒72.5Kg)

・お尻の疼きが痛みに変わってきている。
(日に日にひどくなる)

おかげで見栄えが「シュン」としてスリムになったのはいいんですけど、この体調の悪さは尋常ではありません。
また、ここまで通院せず放置していたのも理由があります。

ガン3大療法の拒否

▶抗癌剤は増ガン剤

▶放射線も悪

▶手術はかえってガンを増やす

この論説を鵜呑みにしてしまった自分がいました。
でも、あんなに酷い悪性腫瘍が一時的であれ綺麗サッパリ無くなったのは抗癌剤と放射線治療の効果であったのも事実。
そして、この状態で完全にガンが完治したと思い込み、勘違いしたのもいけなかった。

ガンはそんなに甘いモノではなかった
わけですねぇ。

ようするにガン3大治療を完全否定するのもケースbyケースであって、これを真に受け民間療法だけに頼り、死んでいった方々もたくさんいます。

それもかなり苦しい、つらい思いをして死んでいっている。
自分は絶対イヤですね。なので、主治医が言ってたガンを小さくして手術⇒根治を目指す。

と言うのは、今では腑に落ちます。

ただね~・・・

1番の問題はストーマ(人工肛門)

なんだよ。

自分の場合、ごく肛門に近いところに腫瘍があるので肛門温存の手術が非常に難しいらしい。

仮に何とか残せたとしても、術中・術後リスクも大きいし。
もし、再発したらその時こそ永久人工肛門は免れない。

二度手間とかの問題でなく、うまく再手術できれば良いけど。
癒着による腸閉塞は致命傷だ(死に関わる)

などなどのリスクが悩ましい。
しかし、明日の検査結果からそんなユウチョな選択してる場合じゃない状況も有りうるわけだ。

まぁ、であれば決断も何もハナシは早いよね。

直腸ガン検査経緯

①8月上旬・・・CT、採血、エコー ⇒結果異常なし、転移の形跡は画像上からは確認できず。

②9月9日・・・MRI

③9月11日・・・PET

④9月18日・・・大腸カメラ

麻酔がいつものように効かず?モニターが良く見えました。
以前のより酷い腫瘍ではないが筒っぽ状にボコボコある感じ。

出血・赤みはなさそうだった。

②③④の結果を判断して明日の09:30に主治医から今後の治療の話し合いです。

さて、どうなることやら。

hidegan_1509b

←前の記事    次の記事⇒

国内シェア70%!世界最多360項目を解析できる遺伝子検査キット【ジーンライフ】


遺伝子検査のジーンライフ公式サイトはこちら
遺伝子検査のジーンライフ<Genesis2.0>

 

将来かかりやすい病気を、未然に予防するための検査です。
大腸がんや乳がん、心筋梗塞などの疾患リスクと、高血圧や肥満タイプなどの体質を手軽に分析できる検査です。
遺伝的なリスクを知り、生活習慣を見直すことで、早い段階から的確な予防を行うことができます。

※遺伝子検査は一生のうちに1度受ければ、再検査の必要はありません。

遺伝子検査に関する詳細なサイトはこちら↓

自宅で簡単!遺伝子検査をしてみよう♪
一生涯の健康のために「今からできる遺伝子検査」とは?
遺伝子検査com


 

遺伝子検査のマイコード

関連記事

ストーマ閉鎖手術決定 意外と早かった!?

1月25日の通院結果を待たずしてストーマ閉鎖手術日が決まった。 2月2日入院 2

記事を読む

セカンドオピニオン日程が決まった

本日16:40ぐらいに久留米大学病院のガン相談支援センターより連絡あり。 セカンドオピニオンに行く

記事を読む

血液検査結果 白血球減少と新事実!

抗がん剤の副作用として危惧される白血球減少の症状が出始めている。 抗がん剤TS-1の服用はちょ

記事を読む

ガンと薄毛

変なタイトルだけど これには理由がありまして   今日は「バイオテック」とい

記事を読む

「入院生活も1ヶ月以上経過」そろそろ退院です。

かなり久しぶりの投稿ですがこのブログにも貼ってあるTwitterには日々の詳細な出来事は割と頻繁につ

記事を読む

一時ストーマ手術前日

いよいよ明日は一時ストーマ手術。 8時には部屋を出て手術室に向かいます。 手術開始予定時間は9:

記事を読む

4月分入院費 入院費用など

5月12日(月) 昨日は外出し、義母がお世話になっていたケアハウスなどの挨拶回りに。 天気に

記事を読む

一時ストーマ手術終了 第一ハードル通過

10日の手術から1週間を過ぎましたね~ ICUの3日間もその後一般病棟へ帰ったあとも正直きつくてブ

記事を読む

肛門温存手術の詳細

食いしん坊の俺としては絶食はキツイ。 特になんの楽しみもない病院では3度の食事だけが生きがい、みた

記事を読む

明日、人工肛門の閉鎖手術です。

11日に再入院しました。 今日は13日、明日14日の朝1番9:00手術スタート。 人工肛門閉鎖手

記事を読む

遺伝子検査のマイコード

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

遺伝子検査のマイコード

「ストーマ閉鎖より2年経過」状況報告

ずいぶんブログを更新してませんでした。 ストーマ閉鎖手術から2年が

大腸(直腸)ガンを早期発見したければ

さて、準備も万端いよいよ明日に入院となった。 最近は疼きが大きくなり

清志郎が選んだ代替医療とは?

歌うことを選んだミュージシャン 忌野清志郎(本名、栗原清志) 言わ

末期ガンと告知!突然閉ざされた俳優人生

俳優の今井雅之さんは昨年4月、末期がんステージ4を公表。 文化庁

ガン治療に翻弄された女優

これまでガンの三大治療法を否定する医師などを紹介してきました。

→もっと見る


  • 【自宅で簡単!遺伝子検査をしてみよう♪】
    一生涯の健康のために「今からできる遺伝子検査」とは?

  • 遺伝子検査キットMYCODE
    リスクを知る
    健康生活に役立てる
    疾患発症リスクや体質の遺伝的傾向を知り、生活改善に役立てる。
    自分の遺伝的な病気の発症リスクを知り、環境要因(生活習慣)をコントロールして、病気にかかりにくい体作りをしませんか?
    遺伝子検査キットMYCODE

PAGE TOP ↑