直腸がん3年5か月定期検診 フォロー採血結果を公開

直腸がん3年5か月定期検診



久留米大学病院へ直腸がん3年5か月定期検診(前回のCTと血液検査の結果を主治医に聞きに)に行ってきました。

手術から3年5か月経過したんですねー。
数値的には問題なかったです。

前回のストーマ閉鎖から3年|熊本地震から3年 あの時私はICU(集中治療室)にいた
からは3年が経過したわけですが、参考までに検査表自体を張っておきます。
詳細の説明もしますね。

フォロー採血結果
フォロー採血結果

直腸がん手術から3年5か月経過 結果は?

数値も少しづつ良くなり結果は良好です。
ただし、CTからは

1)小さな胆石がある。
2)肝臓内に水泡がある。

いずれも、早急に治療措置など必要のないもの。心配ないとの話。

余談ですが、今日は2時間ほど待たされました。。
今回から病院側の都合で検査と、結果報告の通院を別の日にしたのにもかかわらずデス。
しかも、「朝早いけど大丈夫?」と言われ予約した9時前に消化器内科に受付したのに・・・

今度から、ゆっくりこよう(  ̄っ ̄)。
博多から久留米大学病院まで拘束を運転してくるのも2回にわたってだと中々時間もお金もかかりもったいないんです。
帰りはのんびりと3号線使って帰宅しました。

γ(ガンマ)GTが高い

64に対して99。でも主治医曰く約1.5倍に許容範囲とのこと。

γGTの数値
γGTの数値

あきらかに酒ですね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
バカ呑みしてない”つもり”なので平気です(と言いきっちゃおう)

腫瘍マーカーの数値

前回よりまた少し減少。良好です。
ただし、何度も言ってるようにあくまで目安であって高いから危険、低いから安心とは言えないのが腫瘍マーカーですよね。

腫瘍マーカーの数値
腫瘍マーカーの数値

 

最後に今日こそは、気になってたあのコトを先生についに質問しました。

ウンコが術前より術後の方が大量にいくらでも出るのはナゼですか?

もう、栄養にならないで全てウンコになって出てしまってる。いやぁ、それ以上かな。
具体的には

 
回数/日 回数/トイレ 大きさ
術前 1回 1~2本 フランクフルト 硬めの半練り
術後 2回以上 3~6本 ポークビッツ~フランクフルト 同上、柔らかタール状もあり

※ちなみに排便障害で何十回もトイレ通いし、下痢で漏らす前のウンチの状態についてです。

というように、倍どころか3~4倍はゆうに出てる気がします、術後は。
太くて褐色の健康的なのがムリムリと肛門カチ割って次々と出てくる感じ、気持ち良い?と言えばそうなのかもしれない。
接合により縮まってますので細いのも頻繁に出ます、勿論。
出すぎも困りますウンチなんで。

で、主治医の答えは。

・普通は術前より少なくなるんだが。。

・まぁ、健康的で良いんじゃない。宿便みたいで笑(クスクス)

とのこと。

次回は12月中旬頃に定期検診です。
その先は相当スパンを開けて大丈夫だろうと。

そして、「再発、転移はまずないでしょう今のところの状況から」

とのハナシでした。

最近の投稿

カテゴリー

コメントを残す